ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)

OHSMSの役割

 労働災害の主な発生要因は
  • 現場の複雑・多様化、機械任せ等によるリスクの洗い出し不足
  • 新規機械・化学物質導入時の危険・有害性の認識不足での使用
  • 安全熟知のベテラン技術者の退職による危機管理レベルの低下OJT機会減少
  • 下請け作業等指揮命令系統の混在による作業間のコミュニケーション不足

  これらの要因を減らし従業員及び関係する第三者の安全・衛生・健康面の管理を、企業
 経営の一環として組織的、体系的に取り組み改善していくツールがOHSMSです。
 OISCではOHSMSの基準を要求事項として示した国際規格の労働安全衛生マネジメ
 ントシステム規格(OHSAS18001)
に基づき審査登録を行います。

 OHSAS18001の構造は下図の通り他のマネジメントシステム規格と同様にPDCAサイクル
 により継続的改善が可能です。

OHSAS18001PDCAサイクル

導入のメリット

  • より安全な職場環境を構築
    組織的、体系的に、リスクの原因・危険物等を特定し、リスクアセスメントを行い、
    必要な管理策の実施することにより、事故発生を未然に防止します。
  • コスト削減
    事故発生による業務停止・中断とその処理に伴うコスト削減や損害賠償責任保険
    加入費の削減が図れます。
  • ステークホルダー(利害関係者)からの信頼
    第三者認証により関連法規制への順守も含め、安全で信頼性の高い組織との評価を高めます。
    また安全で事故に伴うイメージダウンの回避ができます。
  • モラルの向上
    安全に対する明確な意思を示す事により従業員の意識を向上させ、動機付けが図れます。
  • 他のマネジメントとの親和性
    OHSAS18001はISO14001(環境)と要求事項の項目をほぼ一致させて開発されて
    おりISO9001(品質)など他のマネジメント規格とも親和性、互換性が高い規格ですので、
    他の規格との統合マネジメントシステムといったアプローチが容易です。

OISCの審査登録サービス

  株式会社国際規格認証機構(OISC)は1999年に設立されました。以来、関西の中小
 企業を中心に品質マネジメントシステム(ISO9001)、環境マネジメントシステム
 (ISO14001)の審査登録サービスを提供しており、組織の規模にあった、経営改善
 に寄与する審査を提供しております。
  労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)についても経験豊富な審査員
 を有しており、ISO9001、ISO14001も同時に審査を行う事が可能です。

 OHSAS18001 OISCスキームに関しては、以下までお気軽にお問合せ下さい。

<お申込み、お問い合わせ先>

(株)国際規格認証機構 事業部 担当 中馬 又は 岩井
 Tel.06-6263-7430 Fax.06-6263-7345
 E-mail:info@oisc.co.jp